人気ブログランキング |
6/4 本番終了!
お蔭様で満席の中、繭蔵さんでのコンサートが無事
終了しました。ご来場くださったみなさま、有り難うございました。

今回は私にしては珍しく日本の曲を沢山歌ったんですが
木下牧子さんの『さびしいカシの木』はお客様に喜ばれた
ようでした。いい曲ですからねぇ…。 
クラリネットが花を添えてくれました。
また、『夏は来ぬ』やグノーの『宝石の歌』などにも
クラリネットのオブリガートを付けてアレンジしたのですが、
木管楽器は声とよくマッチするなぁ と改めて思いました。

鳥の声に似せてフルートのオブリガートが付けられている
歌曲も数多いんですが、木管の方が暖かい響きがして、
声と合う気がしました。

この秋にヒンデミットばかりのコンサートをこの3人でやろう!と
いう話になっていましたが、モーツァルトないし、ドイツの作曲家
特集っていうのもいいね! なんて、話が盛り上がっております。

今後とも宜しくお願いいたします♪

(4月末からの食中毒により、1ヶ月間のお粥生活を強いられ、
だいぶヤセたので、クリスマスコンサートの時にキツかった銀色のドレスがユルかったです。 笑)
b0069484_019892.jpg

# by mikale | 2006-06-09 00:20 | 音楽のこと | Comments(0)
病み上がり
食中毒により、博士リサイタル前日より
高熱&オナカこわしてエラい目に遭いました(汗)
3週間も寝たり起きたりして、未だにお粥食べてます。
これでもだいぶ普通食になって来ましたが。
GWはありませんでした。トホホ。

ついでにPCのHDがブッ飛んでしまい、修理に出したはいいですが
今度はネット接続出来なくなり…(汗)
こちらも3週間ぶりにネット接続再開(TOT)
人生いろいろありますね…。

さて、6/4の本番の初合わせをおとといしました。
山手さんのクラによるプーランクソナタ、いいね〜〜♪
昔、私がピアノ科にいた頃、このソナタの伴奏をした事があった。
いい曲だな〜。
来週も合わせがあります。 病んでだいぶヤセたので
体力イマイチ無くて30分歌うだけでスタミナ切れだけど、
がんばろっと。
# by mikale | 2006-05-21 00:32 | 個人的なこと | Comments(0)
第一回博士リサイタル終了
4/25(火)、芸大6ホールにて、第一回博士リサイタルが
なんとか無事(いや、キズもありましたが…)終了しました。
前日、突然高熱を出して寝込んでしまい、実に不安だったのですが
ドリンク剤と風邪薬と気合いでムリヤリ熱を下げ、
当日はなんとか元気を取り戻し、リサイタルをする事が出来ました。
お蔭様で、70部作っておいたプログラムが足りなくなり、
後輩が本番中に20部追加印刷に走ってくれた様でしたが、
それでも足りなかったとの事。
沢山のお客様にヒンデミット&ロイターの歌曲を聴いて頂く事が
出来、私も大変嬉しく思っております。
(これは、あの目立つポスターの宣伝効果あっての事かも
しれません。)

リサイタル直後に寺谷先生、多田羅先生、伊原先生、そして
ドイツ語&論文指導教官の檜山先生(博士修了するまでの
私の指導プロジェクトメンバー!)にお集まり頂きまして
会議をしました。 演奏について、曲について、詩について、
色々先生方からご感想を頂き、次回のリサイタルへの参考に
させて頂く事になりました。

「あなたの音楽性と、作らんとする音楽、イメージが
ヒンデミットに実に合っていた。
ヒンデミットの歌曲って知らなかったけれど、いい曲なのね!
今後共楽しみにしています。」など、
その他の先生方からもご感想を頂く事が出来ました。
ヒンデミットをテーマに選んで正解だった、と改めて自負しました。

2回目のリサイタルの曲目は9割方決めました。
これから研究を深めたいと思います。
2回目のリサイタルが今回より更に充実した内容となる様に!!

リサイタル成功へご尽力下さいました皆様、感謝申し上げます。
# by mikale | 2006-04-30 11:20 | 音楽のこと | Comments(2)
高声が出にくい…
去年の11月頃からか、高声 大体high Eや high Esあたりが
出にくい気がしてきた。 最近ではhigh D さえも
以前の様に軽い声では出せなくなりつつある。
どうしよう…(汗) 
ここ3〜4年、年々声が軽くなってきており、
high Eあたりが楽に出る様になってきてたのに、
まさかもうそろそろ出なくなって、
メゾの様になってしまうのか??(汗)

寺谷先生にメールでご相談。
来たお返事メールが以下の通り。

「ヒンデミットやロイターみたいなヘンな音域の物ばかり
 歌ってるからよ。もっと健康的なものも平行して歌いなさい。
 まだ高声がでなくなるトシじゃないわよ。また戻るから焦らずに!
 出にくいからといってムリしなさんな!」

……ヒンデミット&ロイターは不健康……(苦笑)
確かに変な音域だし無理な跳躍多いよな…。

二期会研究生だった頃、大好きだった故・伊藤叔先生に
シェーンベルクの歌曲についてお話を伺った時、
「あら、あなたシェーンベルク好きなの?
 嬉しいわねぇ、私も大好きなのよ。
 でも、まだ若いうちにああいう現代物ばかり歌っちゃだめよ。
 喉こわすから!」
と言われた事があった。

そうか… こういう事であったのか、と今わかった。
しかし博士課程における私の研究テーマがヒンデミットなので
今後2年程ヒンデミット漬けなわけで……
平行して健康的なもの=高声の多い軽いオペラアリア??
とりあえず4月の博士リサイタルが終わってからでないと
他の曲に手を出す余裕が無い。
6月にクラリネットの山手寿子さん&ピアノの斎木佳奈ちゃんと
ジョイントをするので、その時に軽い高声アリアがまた
歌える様に、博士リサイタル後は ヒンデミットの研究は
デスクワーク(アナリーゼ&譜読み&詩の分析)中心に
進め、声出し練習は軽いアリア中心にしようと思う。

は〜〜〜…… 自分自身が楽器だと調律師も自分か…(ーー)
活かすも潰すも自分次第だね……(ーー;
# by mikale | 2006-03-17 00:06 | 個人的なこと | Comments(0)
Frankfurt
行って来ましたフランクフルトへ。
ヒンデミット研究所に用が出来、無事 欲しかった資料を
入手し、Schader博士及び 声楽のReviol先生にも
大変お世話になり、たった1週間の旅行でしたが
実り多き旅でありました。
Frau Dr. Schader & Frau Prof. Reviol,
vielen Dank für die schöne Zeit !

しかし私が到着した3/2からドイツは大雪!
「冬に逆戻り」とのニュースをテレビでやってた。
フランクフルト中央駅前のホテルに着いた時は
こんな感じ(最初の画像)だったのに、それからわずか20分で
次の画像のように真っ白に!!(汗)
寒かった!! 毎日吹雪でした。
b0069484_10491090.jpgb0069484_1050389.jpg
# by mikale | 2006-03-15 10:51 | 個人的なこと | Comments(0)
ドイツへ…
もう 2年半も日本を出ていない。
年に1回はドイツなりオーストリアなりに行きたいとは
思ってるんだけど、そうそうカンタンにいかない。

以前ヒンデミット研究所でお世話になった
Schader博士と事あるごとにメールのやりとりをしていて、
ここらで一度ヒンデミット研究所まで行った方がいい事になった。
2回目の博士リサイタルで扱いたいと思ってる
非公開未出版の歌曲の譜面(Fotokopie)の閲覧。

時期的に今が一番行きやすい(値段的にもスケジュール的にも)
ので来月ちょっと行ってこようと思う。

…が、私は海外へは「ボ〜〜〜っと遊びに行く」という事が
出来ないタチで、「行くからには研究に役立つ事をして(得て)
来なきゃ!」と気張ってしまうので、目的達成したらトットと
帰国する事が多い。
2年半も行ってないんだから、2週間くらいはゆっくりしてくれば
いいんだろうけど…  
4月の博士リサイタルの合わせも春休み中にあって、
気になるしね(ーー)


門下の後輩が今ウィーンに行ってる。私の師匠を紹介し、
レッスンに行ってみたらしい。ウィーンのネットカフェから
画像付きメールが来た。

…… いいな、ウィーン か…  ウィーンには3年も行ってない。
今回、ウィーン&フランクの2カ所にすっか???

…… その前にパスポート取らねば!(汗)
2年前に期限切れてた事が判明したんだよね… (++;
# by mikale | 2006-02-12 11:41 | 個人的なこと | Comments(0)
雪!
東京にも雪が積もった。
ちょっとだけど。
普段ヒーター前を陣取って寝てるすみれも
雪に大歓び!
散歩からなかなか帰りたがらない。
コッチは冷えきってるのに……(ーー)

すみれ、雪をガツガツ食べながら走る!ガンガン走る!
クチを雪面に付けたまま、ブルドーザー状態で!(笑)
ロングリードを持ってても、私も一緒に走らなければならず
雪で足元あやしいので結構大変…。

帰宅したら つまんなそうな顔をした。
……が、手足を洗って 家の中に入るや
ヒーター前を独占!(笑)
そんなに寒かったなら 早く帰ればいいのに(笑)
b0069484_19332744.jpg
b0069484_19335322.jpg

# by mikale | 2006-01-22 19:34 | 愛犬すみれのこと | Comments(0)
ピアノの教え子
3年位前、某音楽教室が閉室になった時に
私の所でピアノの生徒さんを数名引き取った。
その中の1人に、A子ちゃんという子がいる。
今、中2なんだが、おとなし気で真面目で、
キチンと練習をしてくる子である。
性格が現れているのか、いくぶん線の細い演奏を
するが、日頃の基礎練習を怠らない為
レッスンごとに上手になっていく。

そのA子ちゃんが、何か力試しがしたい という。
丁度 多摩地区でのジュニアコンテストがあったので
出させてみた。
先日予選会があり、優秀賞を獲ってくれました(TOT)
よくやったっっ(TOT)!!!
……という事で、A子ちゃんは3月に行われる本選に
出場出来る事になりました。

全国から集まって来る様な大きなコンクールではないとはいえ、
中学生の部ともなると、みんなかなり弾ける。
2年前、別の教え子Kちゃんが小5で出場した時に
本選を聴きに行って実感した。
(Kちゃんも本選まで行きました)

キツくて闘争心がある様な(私の様な??)
性格ではないA子ちゃんは 
こういう競争の場に出したら
まわりの巧さに多少なりともショックを
覚えてヘコんで帰って来るかも知れない と予想していた。
それを懸念して、出そうか出すまいかも一瞬躊躇したんだが、
結果、出してよかったと思う。
本人も、一緒に本選に残れる事になった中学生達の
巧さにビックリした と言いつつ、おとといレッスンに来た時には
その顔つきと 弾くピアノには、いくぶん自信がついたかの
様に たくましく感じられた。

本選ともなると予選よりもはるかに厳しい状況になるが、
A子ちゃんらしい、いい演奏が出来る様に、
私もシッカリ指導したいと思う。
# by mikale | 2006-01-18 09:56 | 個人的なこと | Comments(0)
クリスマスコンサート in 秋川キララホール終了
12/25(日) 大学院で同門(修士時代の同級生)の藤井君を
ゲストに招いてのクリスマスコンサートも
なんとか無事に終了しました。
最初は私のソロリサイタルという事でお話を頂いたんですが、
段々ジョイントの様な方向に変わって行きました(汗)
色々内部外部でお話が食い違いはしたものの、
乗りかかった船 という事で、コンサートに挑みました。

藤井君の美声に助けられ、また いつも世話になっている
機転の利く伴奏ピアニストの佳奈ちゃんに支えられ、
なんとかお客様方に喜んでいただけるコンサートになった様で
一安心しました。

…が、「誰が主役だかわからなかい内容になってしまっていた」とか
「サンタやトナカイの着ぐるみを着た司会者がちょっと……」など
色々な声も聞こえて来ました。
今回はアンケートを取らなかったので、
もしもこの日記を読まれたかたで、何かご意見など
ございましたら、メールにでも掲示板にでも書いてくださいませ!
今後の参考にさせて頂きます。


 ………クリスマスの事を元日に書いてるトロい私ですが、
今年も精進致します。宜しくご指導の程 お願い申し上げます。
b0069484_19415131.jpg

# by mikale | 2006-01-01 19:39 | 音楽のこと | Comments(0)
クリスマス
23日は新潟で本番、25日も地元で本番があったので、
中日24日は家で疲れを取り、体力温存の為
ダラダラボ〜〜〜っと過ごした。
というわけで、今年もクリスマスらしい過ごし方は
していない。
せめてすみれだけでも飾るか! と思い、
買って来ました(母が!笑) クリスマス服を!

本人(すみれ)、ちょっと迷惑そうだけど。

Froehliche Weihnachten! ALLES LIEBE!

b0069484_14104558.jpg
b0069484_1411481.jpg

# by mikale | 2005-12-27 14:11 | 愛犬すみれのこと | Comments(0)