『煙が目にしみる』
毎年夏に行われる谷中銀座祭りに、芸大金管楽器のメンバーが
出演されているそうな。
今年は歌も入れて欲しいというお話があったそうで、
作曲家でアレンジャーのT氏より私に依頼があった。
マッティナータ(カンツォーネ)を始め、
『川の流れのように』、『サマータイム』、『煙りが目にしみる』 等
4曲ほど歌う事になった。
商店街のハッピを着て、普段着で暑い中演奏する事に
なるらしい。めっちゃカンジュアル!!おもしろそ〜〜〜 !!
大好きな『煙が目にしみる』を初めて歌うので
ドキドキワクワク♪
しかし屋外な上に管楽器伴奏なので、スタンドマイクを
一応置く事になった。
8/25、26の夕方だそうな。
[PR]
by mikale | 2007-08-11 22:25 | 音楽のこと | Comments(0)
<< 取材で歌ったりシャベったり。 謎のクイニーアマンとパン屋の恐怖。 >>