人気ブログランキング |
ピアノの教え子
3年位前、某音楽教室が閉室になった時に
私の所でピアノの生徒さんを数名引き取った。
その中の1人に、A子ちゃんという子がいる。
今、中2なんだが、おとなし気で真面目で、
キチンと練習をしてくる子である。
性格が現れているのか、いくぶん線の細い演奏を
するが、日頃の基礎練習を怠らない為
レッスンごとに上手になっていく。

そのA子ちゃんが、何か力試しがしたい という。
丁度 多摩地区でのジュニアコンテストがあったので
出させてみた。
先日予選会があり、優秀賞を獲ってくれました(TOT)
よくやったっっ(TOT)!!!
……という事で、A子ちゃんは3月に行われる本選に
出場出来る事になりました。

全国から集まって来る様な大きなコンクールではないとはいえ、
中学生の部ともなると、みんなかなり弾ける。
2年前、別の教え子Kちゃんが小5で出場した時に
本選を聴きに行って実感した。
(Kちゃんも本選まで行きました)

キツくて闘争心がある様な(私の様な??)
性格ではないA子ちゃんは 
こういう競争の場に出したら
まわりの巧さに多少なりともショックを
覚えてヘコんで帰って来るかも知れない と予想していた。
それを懸念して、出そうか出すまいかも一瞬躊躇したんだが、
結果、出してよかったと思う。
本人も、一緒に本選に残れる事になった中学生達の
巧さにビックリした と言いつつ、おとといレッスンに来た時には
その顔つきと 弾くピアノには、いくぶん自信がついたかの
様に たくましく感じられた。

本選ともなると予選よりもはるかに厳しい状況になるが、
A子ちゃんらしい、いい演奏が出来る様に、
私もシッカリ指導したいと思う。
by mikale | 2006-01-18 09:56 | 個人的なこと | Comments(0)
<< 雪! クリスマスコンサート in ... >>