人気ブログランキング |
文化庁巡回公演 オペレッタ『小鳥売り』前半。
文化庁巡回公演 オペレッタ『小鳥売り』、
約1ヶ月間の旅公演から帰ってきました。
私はヒロインのクリステル役。
旅の前半は伊勢志摩、松阪市、甲賀市、津市、
そして1日だけ一時帰京をして、
旅の後半は和歌山県、大阪府、滋賀県を回りました。
小学校16校、中学校1校、合計17校。
17校の体育館はそれぞれ天井の高さ、響き、広さ、
新しさなど様々で、
その日の体育館に合わせてセリフをゆっくり目に言うようにしたり、
子音を強く飛ばしたり、逆に母音を長めに歌ったり、
6人の歌手たち、ピアノ、チェロ、ヴァイオリンたちが
現場で臨機応変に対応。
とても貴重な経験をさせていただき、有意義な1ヶ月となりました。

まずは旅の前半をご紹介。


舞台制作のスタッフさんたちは我々演奏者よりも早く
現場に入り、準備をしてくださいます。
オケピットは舞台下、
セットは舞台の上に組まれます。

オペレッタの最後の方で生徒さんたちにも
予め練習しておいてもらった
『チロルの山では』という歌を歌って
演奏に参加してもらうのですが、
生徒さんたが予め作ってくれた鳥かごも舞台上に設置し、
一緒に舞台を作り上げてもらうというコンセプト。
学校によっていろんな鳥かごがあり、
毎日どんな舞台になるのかとても楽しみでした。


b0069484_22384449.jpg

↓ 毎日のリハーサル前に、約30分間、
舞台上や客席などを歩きながら
それぞれが発声練習、セリフの練習などをし、
響きを確認します。

b0069484_22371538.jpg

↓ 首から上のメイクだけ済ませ、
TOKYO OPERETTA THEATERのお揃いの
ウィンドブレーカーを着てリハーサル。
b0069484_22355995.jpg

↓ 万年筆女子会メンバーでもある田辺いづみ姐さんと。
姐さんは大金持ちの女官長アデライーデ役。
コミカルで派手なメイクが施され、
子供達にウケておりました。w
b0069484_22334528.jpg
↓ 初日を終えたところ。
「あと16回だね!」などと言いながら…。
この日の楽屋は図書室でした。
b0069484_22322075.jpg
b0069484_22304381.jpg
前半に回った伊勢志摩、松阪市、津市など、三重県の子供達は
とても静かに見入ってくれ、
ウケるところは大笑いしてくれて嬉しかったです!
みなさん、ありがとう!


(続く)



by mikale | 2018-11-18 22:21 | 音楽のこと
<< オペレッタ巡回公演 後半戦。 一時帰京で シューベルトミサ曲... >>