モンブラン。2
モンブラン万年筆は、8月に入手したボルドーショパンで2本目になるが、
1本目であるメカニカル面でとても面白いボエームがカートリッジ専用であるため、
モンブラン純正のカートリッジインクを入れて使っている。
これまでに「ミステリーブラック」と「ミッドナイトブルー」の
2種類を使った事がある。

ところがこれが、うっかり2日程 何も書かずに(使わずに)いると
すぐインクが粘度を増してしまい、2日振りの書きはじめからしばらくは
インクが濃くてベトッとしており、なかなか乾かない。
書いてから1時間ほど経っても、うっかり書いた面を触ってしまうと手が汚れ、
折角書いた手紙が汚れたりする。
持ってる万年筆はすべて毎日、数文字であっても必ず使っているが、
たまたま仕事の帰りに稽古に出掛けて帰宅が遅くなったりして、
1文字も書けない事があると、このボエームだけはすぐこのような状況に。
エラソ〜にしてるブランドのクセに根性ないな(ーー;

パイロットのインクが入ってるショパンの方も試しに2日放置してみたら、
2日振りでもちゃんとスルスル書けた。
モンブランの万年筆にモンブランのインクが合ってないんじゃないか?という
疑問が沸いた。

ボエームのカートリッジを綺麗に洗浄し、注射器で別のブランドのインクを
注入して使ってみる事にする。
これでもし、2日放置してもスルスル書けたら、
「モンブラン万年筆にモンブランの純正インクはあまり合わない」
あるいは、
「モンブランのインクは粘度が高くて固まりやすい」という事が
証明されるようなものだ。
(私の持ってるボエーム自体に元々不具合があったとは考えにくいので。
 ちなみにショパンの方にモンブラン純正インクのバーガンディレッドを、
 とも考えたけど、このような不具合を考慮して、やめた)


こうして色んなペンとインクの相性とかを日々 使いながら発見出来るのも
楽しみのひとつだし、それを万年筆オペラ歌手仲間たちと共有出来るのも
楽しみのひとつであります(^^)

b0069484_14364322.jpg
[PR]
by mikale | 2016-09-28 14:38 | 万年筆とか文房具とか
<< モンブラン 実験結果。 モンブラン。1 >>