<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【女3人のコンサート in 繭蔵。】
b0069484_2327426.jpg
b0069484_23275911.jpg



11月7日(土)に青梅のDining&Gallery繭蔵(まゆぐら)で
音高&音大ピアノ科時代の同級生の五十嵐(辻)恵子ちゃんと、
1つ下のソプラノの瀧上(内田)美保さんと3人で
初めてコンサートをします。

美保さんにとって青梅は地元で、
美保さんも私も近隣の女声コーラスを指導しており、
MAX60席のこのレストランが速いうちに満席になるかも??
ご予約はお早目にお願い致します m(__)m

前半はメンデルスゾーンやグノーの二重唱と、
美保さんがブラームス歌曲、恵子ちゃんもピアノソロでブラームス、
私がヴォルフ歌曲を歌います。

後半は美保さんがジャズ、ボサノヴァ、
恵子ちゃんが演歌ピアノ(!)、私が演歌4曲歌います。

ワンドリンク付き3000円。
チケットは無くて、電話予約制です。
Dining&Gallery 繭蔵  0428-21-7291  


チラシデザインおよびカメラマンはMani Design さん。ロケ地は繭蔵。
この撮影をした時、美保さんはわりとすぐ「良い顔」が
何枚も撮れてたのに、恵子ちゃんはイジケ顔ばかり、
私はブータレ顔ばかりでガックリ orz.
取り敢えず中に入ってランチして気を撮り直し、再度撮影。
恵子ちゃんはイジケ顔に気をつけて、
私はブータレないように気をつけて何枚も撮った。
どうにかマトモなのが撮れて、無事(?)チラシが
出来たのでした(^^;

尚、曲目の詳細はチラシにはデザイン上載せていません。
当日のお楽しみということで…。
よろしかったらいらしてくださいね!
[PR]
by mikale | 2015-09-19 23:29 | 音楽のこと
万年筆〜〜〜♡
b0069484_212782.jpg
洋物の万年筆が13本になってしまった。
もう当分買わないから!!…多分…(^^;



b0069484_2113912.jpg


オペラ仲間の万年筆女子たちの中には
日本の万年筆しか使わない人もおり、
表参道のPen Boutique書斎館で女子会をした時
(というか、万年筆やインクを買いに集まった)
それぞれが持ってる万年筆を見せっこしながら、どこが特徴的か、
どう使いやすいのか、等を色々話した。

私も 20年以上使いまくったパイロット2本持ってるけど、
お蔵入りにしてあるので、出してみようかな?と思った。
久々に引出しから出してメンテナンスしながら、
この2本を買ってくれた祖父の事を思い出した。

この2本、亡き僧侶だった祖父からのご褒美の品。
12歳の時と、15歳の時に買って貰った。
祖父の代わりに年賀状の宛名書きを数百枚やったことへのご褒美であった。

そして一番上の朱色のは、同じくパイロットの平蒔絵ベンガラの
般若心経が書かれたもの。
ネットでだいぶ前から眺めてて、この度 パイロット2本を復活させ、
3本挿しの手作り万年筆入れも買ってしまったことだし、
あと1本足してパイロット・トリオにしよう!な〜んて、
ついつい僧侶だった祖父に背中を押された気になってしまい、
奮発して購入(^^;
パイロットインクの色彩雫の「山栗」を入れた。
b0069484_2122442.jpg




そんなワケで、パイロット・トリオも加わって
合計16本の万年筆を毎日全部使って
近々あるコンサート用の歌詞を書いて書いて書きまくって
暗譜にいそしんでおります。
勿論、全ての万年筆に異なる色のインクを入れてます。
暗譜がメインなのか、万年筆で遊ぶ事がメインなのかわからない感じだけど
書くことでインクが流れてメンテナンスにもなるし、
色んな色や、ペン先の太さで歌詞をガシガシ書いてると
画数の多い漢字などはインクの乾き方に差が出て来て
濃淡も楽しめるし、同時に歌詞も覚えるし、一石二鳥以上なのであります(^^)
も〜〜 万年筆&インク 大好きだ!

パイロットについては特筆すべき事があるので、
また後日書く事にします。
[PR]
by mikale | 2015-09-16 21:17 | 万年筆とか文房具とか
シャンソン・フランセーズ、終了!
昨日は台風の大雨ガンガン降る中、シャンソンの本番がありました。
電車が止まったり遅れたりしてる中、ご来場くださった
お客様、ありがとうございました!

今回、「若い子には歌えない歌詞」のシャンソンを
大先輩のオネーサマ達に混じって歌わせて頂き、
またピアニストの田中知子さんがアイディア豊富で
企画構成共に素晴らしく、客席がとても沸いてました。
私は日本語訳の歌を歌ったけど、
フランス語の歌詞に無理矢理日本語をあてはめてるので
字余り、字足らずな歌詞ばかり。
でも諸先輩方がそういうのをうまく処理されてるのを
稽古で目の当たりにして、自然に学ばされました。
最初は自分的に暗譜がとにかく不安すぎる状況だったけど、
何とか歌い切った〜〜〜〜(TOT)


シェルブールの雨傘、その他で 人生初めて舞台で男装をしたんだけど…
共演者の男性から

「ホストっぽいね!」

と言われ、オネーサマ方からは

「宝塚みたい!ホレそう!カッコいいよ!w」

と言っていただけて…  
歌よりも男装が好評だったような?w
新境地開拓!!w
それも田中知子さんのアイディアのお蔭です。
田中さん、共演者のみなさま、ありがとうございました!

b0069484_2056559.jpg

b0069484_20573268.jpg
b0069484_20575651.jpg
[PR]
by mikale | 2015-09-10 20:58 | 音楽のこと