<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
那須アジアンオールドバザール。
エスニック衣料雑貨好きの私。
那須に来たら、アウトレットのマライカ、チャイハネ、
そしてアジアンオールドバザールは外せません!w

毎度お馴染み、面白いオジサン(大野さん)とまたポーズ。
水色の服の男性は、年齢不詳の 踊るガードマン。
彼の周りには子供達が群がっており、一緒になって踊っていたので

「一緒に写真撮る?」

と声をかけたら寄って来て、大勢でポーズ!w

b0069484_223150.jpg

b0069484_2215662.jpg

b0069484_2223312.jpg


アジアンオールドバザール内のメコンレストランで
美味しいフォーとタピオカもいただき、
コンサートの後の大きな楽しみを堪能した。

11月のステンドグラスコンサートには、
ピアニスト小澤佳奈ちゃんと共に来る予定。

「今度はクリスマスのディスプレイになっていますよ」

とスタッフの原さん。
クリスマスソングも含むプログラムを2種類考えます。

2本のオペラや10/15、11/9のコンサートの曲の練習、
12月のメンデルスゾーンの練習、そしてステンドグラス美術館用の曲の練習…
風邪や花粉症に注意しつつ、しっかり勉強していきたいと思います。
[PR]
by mikale | 2014-09-30 22:07 | 個人的なこと
那須ステンドグラス美術館週末コンサート終了。
9/27(土)、28(日)、那須ステンドグラス美術館週末コンサートで
歌って来ました。
今回もピアニストは繭さん(高崎繭子)。
繭さんとこのコンサートに出演するのは去年の12月、今年の3月、6月に続いて4回目。
4回目だけど、毎回 非日常的な素敵な空間での演奏は新鮮で、
スタッフのみなさんも親切だし、お客様たちも温かく、
とても気持ちよく過ごさせていただいている。

控え室からコンサートをする美術館までは
外(庭園)を通らなければ鳴らず、パニエ入りの大きなドレスだと
裾を持ち上げての移動が大変。雨だったりするともっと大変。
でも今回は2日とも晴れそうだったので、
折角秋なので、じゃあパニエ入れるオレンジのドレスにしてみようか?と。
結果、ハロウィンのディスプレイにマッチしてしまい、
カボチャドレスか??みたいになった(^^;

そして、3月、6月の時にもわざわざ宇都宮から聴きにいらしてくださったご夫妻様が
今回も聴きに来てくださっており、ビックリ!!
美術館を見学するお客様ばかりな中、こうして
私達の演奏を聴くことを目的に足を運んでいただけたのは
本当に演奏家冥利につきます。
名刺交換も出来ませんでしたが、また11月にもお会い出来ると嬉しいです。


b0069484_2152266.jpg

美術館のオルガニストで、いつもお世話になる原若葉さんと。
毎度お世話になり、ありがとうございます!
また11月にもよろしくお願い致します。

b0069484_21524978.jpg


美味しいパン屋さんを見つけ、繭さんと朝食用にあれこれ買いました。
目移りしちゃって、つい買い過ぎた(^^;
b0069484_2155312.jpg





そしてコンサートの後は、お約束のアジアンオールドバザールへ…(つづく)。
[PR]
by mikale | 2014-09-30 21:56 | 音楽のこと
『りとるこんさあと』終了。
9/13(土)ピアノ&歌の生徒さんの発表会@Dining&Gallery繭蔵、
『りとるこんさあと』終了。

小学生からオトナまで、ジャズから洋楽からクラッシックまで幅広く
いろんな音楽が繭蔵内にあふれ、たくさんのお客様にもお越しいただきました。
ありがとうございました!

今回、人前で歌をソロで歌うのは初めて、という生徒さんたちも
まったく普段と代わらぬ様子で堂々歌っておられ、
頼もしく感じました。

私は今回、20曲ほどの歌の伴奏をした。
昔、声楽に転向する前はリートの伴奏ピアニスト目指しており、
音大の声楽科学生の伴奏を多く受け持っていた。
当時を懐かしく思い起こすと共に、今では必死で指を動かしてる自分…(汗)
メサイアのソプラノソロや、Stand aloneに、美しき水車小屋の娘からの何曲かを
連日ガシガシ練習していたので、
右手親指周辺が痛くなってしまった(汗) ← 軟弱者。


いつもながらコンサートや発表会で繭蔵さんを利用させていただき、
ありがたく思っています。
今回は2日連続でリハーサルに場所を貸していただいたし、
打ち上げのティータイムでは、「ブドウ以外の果物はほとんとアレルゲンです」という
私の為に、通常は他のフルーツがたくさん乗せられているデザートを
特別にブドウだらけにしていただいて感激!!
プレーンのシフォンケーキはしっとりふんわりで美味しく、
巨峰やマスカットもありがたくいただいた。
繭蔵スタッフの皆様、いつもありがとうございます!


私も生徒さんたちに負けぬよう、次なる本番にむけて精進します。
b0069484_14394529.jpg
[PR]
by mikale | 2014-09-14 14:39 | 音楽のこと
来年3月のオペラへの出演。
今年 12/25上演の林 光 作曲のオペラ『おこんじょうるり』のタイトルロールに選ばれ、
稽古がまだ始まってもいないというのに、
来年3月上演のラヴェル作曲のオペラ『子供と魔法』のオーディションを受けたところ
主役(子供)に選ばれた。
本来メゾソプラノの役だが、私の勝手なイメージでは
「下の声も鳴るソプラノ」がやった方が、子供らしさがより出るんじゃないか?と思い、
ソプラノな私がこの役を受けてみた。
(実際、他にも 可愛い声をしたソプラノの方もこの役を受けてに来てたし)

ダブルキャストで、3月に4回ずつの上演。

今年の3月にヤナーチェクのオペラ『利口な女狐の物語』に
オンドリとカケス役でオペラの出演したのが初めてで、
次なるオペラで「おこん」役が頂けただけでも嬉しかったのに
更に続けて子供役もいただけてビックリ。

オーディションの時、審査員の中にいらした演出家先生が、
私が課題を歌い終えるや、

「あのさぁ… もしもこの役をやれる事になったとしたら
 髪型… 変えられる?w
 こないだはオンドリ役だったから金髪モヒカンでもよかったけどさ。w」

私「ボウズ頭にですかっっ?(嬉)」 ← 実はボウズ頭にもしてみたかったり。w

「いや… 伸ばす方…(笑)」

審査員の先生方、クスクス笑っておられた…


子供役に選んでいただけたので、早速演出家先生にメールで
どんな髪型にしたらいいか問い合わせたところ、
1920年代 Great Gatsbyのイメージ、さらさらストレートのオカッパ、との事。
今から伸ばせば3月までにはオカッパくらいの長さになっている。
でもボウズにして、オカッパのカツラを買って被る方が早いかな?なーんて(^^;

「おこん」も「子供」も精一杯頑張ります!
[PR]
by mikale | 2014-09-05 15:43 | 音楽のこと