<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
5泊も預けられたすみれ。
b0069484_23535798.jpgb0069484_23531823.jpg


旭川に行ってる間、すみれは
かかりつけの動物病院のホテルに預かって頂いた。
5泊もさせられたすみれはきっと
私に捨てられたと思って不安だったに違いない。
すみれには北海道産のビーフジャーキーをお土産に買ってきた。

動物病院に迎えに行くやピョンコピョンコ飛び跳ねて
喜んで跳びついて来た。
今夜は我が家でグッスリ安心して眠れるであろう。

翌朝、東京(のハズレ)は雪景色であった。
とはいえ太陽が出てすぐ溶けてしまったけど。
朝の散歩では近所の川にいってすみれを放して
雪玉を投げて遊んであげた。
今年12歳になるオバァチャンとはいえ元気だ。
幼犬と間違われることもしばしば。
元気で病気や怪我なく長生きして欲しいと思う。


b0069484_23552855.jpg
帰りの旭川空港で銘菓『白い恋人』のマグネットを見つけ、
買ってみた。
すみれに見せてみたが、
本物ではないので無反応(そりゃそーだ!w)。
[PR]
by mikale | 2013-02-12 23:49 | 愛犬すみれのこと
美瑛、富良野。
本番翌日、家具デザイナーE氏がホテルまで迎えに来てくださり、
一昨年の秋にコンサートでお世話になった匠工芸へ。
祝日だったので工場はお休み、
向かいの森の中の、ログハウスの社長さん宅(豪邸!)に
ご挨拶に立ち寄らせて頂いた。
暖炉では薪がバキバキとよく燃えており、物凄く温かく
大きな窓から太陽光がサンサンと降り注ぐ広いリビングで
くつろいでいらっしゃったダンディな社長さん。
雪に埋もれたこの森は、春にはどんな表情を見せるのだろう?

b0069484_2331720.jpg

社長さん宅を後にし、以前も連れて来てもらった美瑛にある
喫茶店『北工房』へも立ち寄り、それから富良野へ。
テレビドラマの『北の国から』は私は家族と共に全部観てきたが、
あのドラマの中の素晴らしい景色はほとんどが富良野ではなく
美瑛なのだ、とEさん。
確かに美瑛の方が景色が素晴らしい。

富良野ではイタリア料理屋でランチをし、
Eさんオススメのフロマージュ(チーズケーキ)の
美味しいケーキ屋さん『ふらのデリス』にも連れてってもらい、
またもや胃が満タン状態!!(汗)

重たい胃を抱えてEさんの車に乗り込む。
次は新富良野プリンスホテルの敷地内にあるという
ニングルテラスや、寺尾聰主演の倉本聰のドラマ『森の時計』で
使われたという喫茶店へ。

行く途中、雪に埋もれた別荘(?)発見!スゴい雪だ!
どうやって家に入るんだろう??
b0069484_23353565.jpg


ニングルテラスは小さなログハウスが点在しており、
それらはガラス工芸、銀細工、木工細工などのお店として
1つの集合体となっていた。
1軒1軒見て歩きたかったが、旭川まで1時間くらいかけて帰らねば
ならないし、また来る時のお楽しみにとっておくことにし、
1軒だけ、ウィンドーの外から覗いて
どうしても欲しくなった木工品のお店に入った。
数人の作者が作っている、小さな森の音楽隊たちが
所狭しと並べられており、本物のオーケストラではなく
おとぎ話の中でオモチャの人形が演奏するような可愛い音楽が
聴こえてくるようであった。
全部欲しかったがそうもいかず、絞りに絞って
指揮者、歌手、シンバル、コントラバス、チェロ奏者を購入!
(見ればわかると思うけど、歌手だけは別の作者の作品。)

通販は とてもじゃないけど作り間に合わないので
やっていないとの事。
ココに来ないと買えない品だ。
良い記念になったと思う。
早速自宅玄関に飾った。
b0069484_23433268.jpg


旭川空港に向かいながら、美瑛の雪景色を堪能。
真っ白な地平線はもっと長い時間眺めていたかった。
とてもとても名残惜しかった。

b0069484_23455631.jpg

b0069484_23451128.jpg

b0069484_23463841.jpg

Eさん、今回も大変お世話になりました!
また旭川に行く機会に恵まれた時には
沢山食べられるようにしたいと思います(^^;
[PR]
by mikale | 2013-02-11 23:27 | 個人的なこと
リサイタル in 旭川 本番終了!
お天気よろしく、午前中はホテルから徒歩10分ちょいの河原の
旭川冬まつりを見に行った。
寒かったけど結構歩いたので良いウォーミングアップになった。

14時半 会場入り。
コンクール本選の最中であった。
自分が受けた時の事を思い出し、緊張感が高まった。
今回のプログラムを見たら、二期会同期の女の子(1歳年下)が
エントリーしている事がわかった。


本選が終わり、出番となった。
遠視なので客席のみなさんの顔がよく見えてしまう私だが
今回は客席が真っ暗、ライトは顔面直撃していた為
何も見えなかった。
(見えなくてちょうど良かったんだけどね。)

日本物だけ17曲のリサイタルをしたのは初めてであった。
童謡のジャンル、ポピュラーなジャンルを混ぜての
プログラミングで、声にも楽なようにと組んだが、
結果

「バラエティーに富んで、とても良い
 面白いプログラムだったと思います!」

と新町先生に言って頂けた。
最後までスタミナ切れすることもなかったし
声帯もコンディションを保ったまま歌い終える事が出来た。
本番の録音を聴けば反省すべき点も多くあるに違いないが、
まだ聴いていない。
それよりも、ホールの響きや
自分の声がホールに染み渡る感触を楽しめた事、
新町先生と共演出来た事が嬉しくてたまらなかった。
1人反省会は、また後日 新町先生から音源を郵送して
頂いてからにしておき、
取り敢えず「無事終了!メデタシメデタシ!」という事で(^^;

b0069484_23213888.jpg
b0069484_23221316.jpg



コンクール審査委員長であり中田喜直夫人の幸子先生、
審査員でありピアニストの黒川浩先生、
同じく審査員の牛山剛先生と。
マーライで昨日買ったばかりのエスニックワンピと
ネックレスをしてる私(^^;
b0069484_23224195.jpg 


この後、前から一度行ってみたかった地ビール館で
軽くビールを飲んで打ち上げをした。
最近ほとんど飲まなくなったので
4杯が限度であった。

新町先生とまた共演出来る機会に恵まれますように!!
新町先生、聴きに来てくださった新町先生のご主人様、
ありがとうございました!!
[PR]
by mikale | 2013-02-10 23:13 | 音楽のこと
リサイタル in 旭川 GP
中田喜直記念コンクール出場者達が
伴奏合わせやGPに来る前の時間、
14時〜16時頃まで新町先生と2人でリサイタルのGP。
相変わらずとてもよく響くホールで歌いやすく、
自分の放った声がすぐに自分にも帰って来るので
時差を感じずに先生のピアノとも違和感なく
溶け合う感じだ。
『サルビア』に関しては、昨日の初合わせよりも
お互いの音楽が合って来て、良い感じであった♪
b0069484_2313056.jpg


歩いてホテルに戻るつもりでいたが、
新町先生に、

「いつ突然吹雪になるかわからないので
 旭川の人は誰も歩かないですよ。
 タクシーかバスを拾った方がよろしいですよ!」

と言われた。
…が、雪は降ってないし、キ〜ンとした空気を楽しみつつ
景色を眺めながら歩いて(昨日食べたものを消化して?)帰った。

…が、新しくなった旭川駅の建物内を通過して
再び外に出たら…
ほんのちょっと前まで降ってなかったのに
いきなり吹雪になっており、
信号すら見えない状態になっていた!!(汗)
こういう事だったのか!!!

駅からホテルまで徒歩で約6~7分。
でもこの吹雪の中は歩けなさそうだ。
敢えなくタクシーに乗ったら、運転手のオジサンが
めっちゃ無愛想で車内の雰囲気悪過ぎ!!
吹雪かれてもいいから歩けば良かった(ーー;


一旦ホテルに楽譜やら荷物やらを置いてから
買い物に出ると、もう雪は止んでいた。
目的はアジアン衣料雑貨屋『マーライ』!!!
ネットショッピングでマーライの商品をよく買ってはいるが
実店舗が旭川だと知ってから、一度行ってみたいと
思っていたのであった!!
ホテルと駅の間に位置するそのマーライ実店舗、
もう、何時間でもいたい程 私好みの衣料雑貨がいっぱい!!
何しに旭川に来たのかすっかり忘れて
自分のものやらお土産やらを買うのに夢中になってしまった。w

この夜も家具デザイナーのEさんが
レストランを予約してくれており、18時半にホテルに
迎えに来てくれ、農家ダイニングTam - Bo(たんぼ)に
連れてってくれた。
この日、ランチを抜いたので、
夕飯はシッカリ食べられました〜〜!w
ココのザンギ(唐揚げ)は甘辛で、
唐揚げというよりは竜田揚げのような、
いや、鶏カツのような感じでとても美味しかった!!
明日が本番なので飲酒はしなかったけど
我が家の近所にあったら週1回は通いたいお店だ。


ウッカリ食べ過ぎてしまった(汗)
なのでまた一旦ホテルに戻ってから散歩に出掛けた。
商店街の前に様々な雪だるまが飾られていた。
そのお店そのお店のオリジナルらしかったが、
草間彌生ないしフジコ・ヘミングのような
赤毛の雪だるまが目をひいた。

b0069484_2311963.jpg
b0069484_23112865.jpg


明日は本番!!!!
[PR]
by mikale | 2013-02-09 22:58 | 音楽のこと
旭川へ!
2/10に旭川の大雪(たいせつ)クリスタルホールにて
オール日本歌曲のリサイタルがある為、
8日から旭川に入った。
前回も、その前も運転手やらガイドやらをしてくださった
家具デザイナーのE氏が、今回も空港からホテル、
ホテルからピアニストの新町由美先生宅までの送迎をしてくださった。

E氏はまずランチをしにスープカレーの美味しいお店に
連れてってくれた。
Cafe White Base。
画像は私が注文したチーズトマトのスープカレー。
大きなシロッピのはジャガイモか?と思いきや
チーズにくるまれた大きなトマトであった(汗)

b0069484_2241396.jpg

ホテルは主催者が取ってくれた、
旭川グランドホテル。
私が来る時はいつも格安のビジネスホテル的な、
でも居心地のいい綺麗なホテルなんだけど、
グランドホテルの室内は広く、
朝食もとても美味しく、リラックスして過ごせた。

今回で共演が4度目となるピアノの新町先生も
相変わらずほんわか穏やかで柔らかく、あたたかいお人柄で、
演奏もとても安定しておられ、何も問題なく安心して
お任せ出来る、信頼出来るピアニストだ。
ただ、中田喜直『サルビア』だけは
これまで自分の手探りの解釈で歌っていたが、
新町先生の解釈や、音楽の持って行くべき方向性、
言葉と音楽のタイミング等 色々話し合い、
翌日9日のゲネプロまでにホテルで今日の音源を聴きながら
自分の中で温め直す事が必要であった。
(それがまた楽しかったんだけど♪)

さて、新町先生に最寄りのバス停まで送って頂き、
バスでホテルに戻る途中、
旭川駅前通りで 乗ってたバスが自動車に追突され、
警察を呼んで運転手さんが事情徴収されるハメに!!(汗)
車内の乗客は名前と電話番号を書かされ…

後でEさんや新町先生、
それからメールで東京にいる友達にお話ししたら、

「珍しい体験ですよそれは!バスが事故って…
 滅多にない事ですよ!
 レアな体験しましたねぇ(^^; 」

とか

「美香さん、11月に事故に遭って1月にも追突されたんでしょ?
 それでわざわざ旭川に来てまで追突事故かぁ。
 なんだか事故づいてるね。
 当たられついでに宝くじでも買えば当たるかもね!」

等と言われた。

Eさんがホテルまで迎えに来てくれ、
予約してくれた『旬鮮かぐら』というダイニング居酒屋に
夕飯を食べに連れてってくれた。
b0069484_22555496.jpg

ランチのスープカレーがまだまだ胃にたまっており
全然お腹すいてなかったけど、美味しいお刺身や
タコのザンギ(東京で言う 唐揚げ)を食べ進めてしまった(^^;

ホテルに戻ってから、食べ過ぎで苦しくて
これはしばらく動かねば、と思い
街中を散歩した。
氷像祭りの氷像を1つ1つ感心すつつ眺めていると
一角に雪だるまだらけの場所が。
ここは2年前の2月、氷に入ったまま凍ってる魚が
水族館ならぬ氷族館状態で展示されていた場所だ。
毎年趣向を変えているらしい。

b0069484_22551362.jpg


ダイエットして9kg痩せて以来、食も細くなったので
ちょっと食べると(あるいは、揚げ物を食べると)
すぐもたれてしまう。

苦しい胃を抱えつつ、翌日のゲネプロのために
本日の合わせの音源を聴きながら1人反省会をした。

つづく。
[PR]
by mikale | 2013-02-08 22:38 | 個人的なこと
セントレホール ランチタイムコンサート。
南麻布セントレホールでのランチタイムコンサート終了。
セントレホールで歌うのは初めてで、
ピアノの渡邊知恵子さんと共演するのも初めてでした。
渡邊さんは高校&音大時代のピアノ科の同級生で
旧姓が「前田」さん、あだ名が「まえっち」なので
本番中にピアニスト紹介する時に
とっさに「渡邊」の名が出なかった(^^;

まえっちは昔からオットリと上品で、
大人になってもオットリ上品な奥様。
演奏もオットリ上品だけど、時に情熱が顔を出して
歌っていてなかなか面白かった♪

遠方から聴きにいらしてくださった方、
お仕事の合間にいつもランチタイムコンサートにお出かけ
くださっているという近隣の方々、
それから高校&音大時代の同級生達、
みなさまありがとうございました!

高校&音大時代の同級生達とは
音大卒業以来の再会で、
その後のお茶(ランチ会)は同窓会と化した。
みんな綺麗な奥様で、全然所帯疲れなどしておらず
オシャレでハツラツとしていた。
見習いたいと思う。

まえっち、今回はお疲れ様、ありがとう!
また4月の那須の共演、よろしくね!
b0069484_22372720.jpg
[PR]
by mikale | 2013-02-07 22:32 | 音楽のこと
Knospen Harmonie
小林晴美先生門下勉強会
Knospen Harmonie へのゲスト出演、終了。
(浜松町のイタリア料理屋にて)

今回は私は中田喜直の
「小鳥やの娘」、「ぎんなん」、
「ピアニシモの秋」、「ちょうちょ」そして「ゆく春」を
演奏しました。
晴美先生に日本歌曲のレッスンをして頂いたのは
もう何年も前な上に、わずか数曲しか聴いて頂かなかったので
今回初めて、レッスンで聴いて頂いたことのない5曲を
披露させて頂きました。

b0069484_22275376.jpg


ピアノは小澤佳奈ちゃん。
いつもながら安定した伴奏でナイスサポートしてくれました♪
左が佳奈ちゃん、右側は 高校&音大時代のピアノ科の同級生で
晴美先生に歌を習っている中田かおりちゃん。
同い年とは想えない、キュートなかおりちゃんでありました♪



b0069484_22303562.jpg

来年、何を歌おうかな??
[PR]
by mikale | 2013-02-03 22:25 | 音楽のこと