<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
サルの主張。
1年振りにショートカットにしてサルみたいになった。
ボブが多少長くなってきたが、花粉のせいで顔がカユカユな
この頃には、髪が顔に少しでもかかるとカユさ倍増!!
これはもうショートにしるしかない!
去年4月の博士リサイタルあたりから伸ばして1年間ボブを
続けていたが、久々にショートにしても、誰1人
「え〜〜 切らない方がよかったのに!」という人がいない。
会う人会う人、
「急に切ってどうしたの!?…でもボブより似合ってるけど。」
と言ってくれるので、まぁよかった。
(よっぽどボブが似合ってなかったのか?)
これもヘアスタイリスト K氏のテクニックの賜物といえよう。

ヘアサロンに行く度、

「橋本さん、ショートにしましょうよ〜!しますよね?
 …え、まだボブでいきますか? う〜〜ん…そうですかぁ…。」

と、残念そうにしていたKさんだが、
今回久々にショートにしたいと言ったら

「とうとう来ましたねっっっ!?わっかりましたぁ〜〜(^O^)!」

と、嬉々としてバシバシ切ってくれた。
ハサミさばきがリズミカルで実に嬉しそうであった(笑)。

仕上げのドライヤーをかけながらK氏、
私の後頭部をまじまじと眺めて

「いやぁ〜〜〜橋本さんにはやっぱりショートですショートっ!!
 この頭の形には断然ショートなんですよっっ!!
 いやぁ〜〜〜気分いいですね〜〜!」

…って、そんなにショートにさせたかったんですか、そうですか(笑)

これでもう、顔に髪がかかる事なく、カユさも軽減された。
ドライヤーもわずか2分足らずでOKだ!!速い!!

「女は断然ロングヘアだ!妥協してもせいぜい肩くらいの長さ!」
と主張する、自分でも長めの髪を持つ我が弟と、
「男は断然短髪だ!」と主張する、自分でもショートな私は
以前よく口論になっていた。

弟「げ!まぁた切ったのかよ!?なんで切ったんだよ!?」

私「いいじゃん、速く乾くし楽なんだから!」

弟「“楽”とか言うようになっちゃったらもうオバチャンなんだよ!
 楽さ加減で物事を選ぶようになったらダメなんだよまったく!」

私「いいじゃん私ゃ別にアンタの彼女でも女房でもないんだから!
 器の小さい男だな!アンタこそ男のクセになんでロン毛なのさ!?」

弟「“男のクセに”とかいう問題じゃねーし!
 だったらネーチャンはなんで女のクセにショートなんだよ!?」

などという、実にアホらしい口論(笑)。
最後に弟に文句言われたのは、弟の結婚式の1ヶ月前だ。
ベリーショートにしてきた私に弟がアキレ果て、

「あ〜〜あ〜〜あ〜〜!そんなに短くしてきやがって!!
 …まぁ俺の結婚式までになんとか伸びるだろうけど… (舌打ち)」

私がショートだとそんなにアンタに迷惑をかけるのか(ーー;??


というわけで、今回1年振りにショートにしてから、
まだ弟に会っていない。
どうせまたヤな顔するに違いない。
姉がこれだけ言われるんだから、妻である義妹も
「切るなよ!伸ばせよ!」みたいに言われてるに違いない。気の毒に。
男は断然「短髪&器の大きさ」だ!…と改めて思う私であった。
[PR]
by mikale | 2008-03-29 11:49 | 個人的なこと | Comments(6)